新入社員や管理職など、特定の社員を対象として実施される研修

社員研修には目的がある?社員研修の種類を理解しよう!

社員研修は、社員の技術や知識を高めるという社員育成が目的です。社員研修の種類は、目的別研修と階層別研修に大きく分けることができます。目的別研修とは仕事内容や目的に合わせた研修テーマを設定し、テーマの関係者を研修生として行う研修方法です。営業職や事務職、接客という仕事内容ごとの研修、社内の活性化を目的としたコミュニケーション研修、また掲げた目標達成のための組織作りのためのチームビルディング研修などがあります。そして階層別研修とは、経歴や実務能力などで分けられた研修のことです。新入社員や中堅社員、そして管理職など各階層の社員が研修生となります。それぞれの階層で求められる知識や技術を身につけることが目的です。

階層別研修で求められるスキルとは?何を学ぶか理解しよう!

新入社員や中堅社員、管理職などの階層に分けて学ぶ階層別研修は、研修生によって内容や目的が異なります。新入社員研修には、会社の担い手となる人材育成と同時に、社会人としてのマナーを学ぶ目的があります。主にビジネスマナーやビジネスコミュニケーション、そして自社の事業内容について学びます。

また中堅社員研修は、ビジネスマンとして自分の仕事を成し遂げるためのスキルを身につけることが目的です。自己管理能力などを高めるセルフマネジメント研修、仕事上の目的を明確化し必要な技術や知識を得るキャリア研修などがあります。そして管理職研修では、マネジメントやコーチング、さらにリーダーシップなどの能力を学びます。社員や組織をまとめ管理する能力、各社員のやる気を起こし仕事を成功に導く能力、そして責任を負う能力を学ぶことが目的です。また自社の組織運営や企業戦略などについても学びます。