映像や音を取り入れるなど、視聴覚に訴える研修を実施している

パワーポイントは研修に必須

研修で覚えることが多いのは、ビジネスマンの間で当然のように使われているパワーポイントです。パワーポイントとは、マイクロソフトが販売しているプレゼンテーションソフトです。このパワーポイントを使えば簡単に視覚的なアピールができるプレゼンテーションが可能になります。会議などでホワイトボードと口頭のみで伝えるよりも内容が伝わりやすく、様々な会社で使われています。何故伝わりやすいかというと、プロジェクターに繋げればアニメーションやスライドを使用し、印象的なプレゼンテーションができるからです。イメージを伝えることに長けているため、研修ではパワーポイントを使った資料作成を学ぶカリキュラムが優先的に組まれていることがあります。

研修で覚えるパワーポイントの内容

まず正確なパワーポイントの操作方法が学べるので、毎回メニューを見ることなく操作できるようになります。次に、パワーポイントは利用頻度が多いので、レポート作成を時短し効率化よくデータを作成することが求められます。その上で見やすく伝達力の高い資料を作成することに慣れなくてはいけません。そのため研修中は、レイアウトの崩れの修正や映像の挿入、効果音の使い方など幅広い内容を学習することができます。特に映像に関しては、直感的なプレゼンテーションに適したマルチメディア資料の作成に必須です。この他にも、データの共有方法など必修項目は多いです。それだけパワーポイントを使ったプレゼンテーションは就業時に需要が高い業務といえます。